会社でデスクワークをしている人の中で、どれだけの人が快適な環境のもと働いているのでしょうか。
女性の多くは、夏でも冬でも寒くてつらい思いをしているのではないでしょうか。
そこで、今回は職場でできる冷え対策をご紹介していきたいと思います。

パソコンを使ったあったかグッズで冷え対策

パソコンを使ったあったかグッズで冷え対策
誰にでも冬は寒い季節ですが、特に冷え性の人、それも冷え性の女性にとって冬は辛い季節です。
オフィスでパソコンを操作する仕事などでは、冬になると手がかじかんでキーボードやマウスの操作がしづらいこともあるでしょう。
そのような時に好都合なグッズが色々とありますので、少し見ることにしました。
ただし、そのグッズが使えるかどうかは、パソコンの環境にもよりますから、その点は御容赦のほどをお願いいたします。

まず、パソコン操作での手や指先の冷え対策グッズでは、USBをつなげるだけで温かくなるマウスパッドがあり、手首が冷える方にお勧めです。
USBハブ付きのこのマウスパッドにはハブが付いているので、見た目はかなりハードな外見ですが、オフィスでは重宝でしょう。
このようなマウスには外見が異なるものもあるようですから、色々と探してみることです。

次に、手袋とリストバンドですが、USBでつなげば、40度まで温まるというリストバンドもあります。
さらにUSBをつないで温める手袋もあるようです。
そして、夏冬に使える、ヒーター付きのキーボードも市販されているとのことです。
ミニファンヒーターにはセラミックファンヒーターがありますが、これは机の上に置いて手を温める小さなファンヒーターです。

飲み物も仕事の合間に大切ですが、カップウォーマーやUSBペットボトルウォーマーは、せっかく買ったホット飲料を少しでもあたたかさを長引かせたいと考えている人にお勧めです。
ペットボトルを入れてUSBでパソコンにつなぐと、カバーが温かくなります。

まだあります。
USBケーブル付保温マグカップはUSBでパソコンとつなげることができるマグカップです。
その他、充電式カイロでUSBで充電することができるカイロもありますから、省電力で目立たなく、さりげなくパソコン環境を冬から春に変えることが出来る様々なグッズを色々と探してみることをお勧めします。
これらのグッズを上手に利用することで、寒く冷たいパソコン操作のオフィス環境を改善して、自分の冷え性も改善できたらいいですね。

目の周辺が冷える!冷え対策はどうしたらいい?

目の周辺が冷える!冷え対策はどうしたらいい?
ここでは、目の周辺の冷え対策について考えてみましょう。
目と冷えは関係がないように思われがちですが、目周辺の血流が悪くなるとクマができて、顔色が悪くなったり、小じわが目立つようになりますから、女性なら誰でも気になるでしょう。
また、目を酷使すると疲れや肩凝りなども誘発しますから、冬場のパソコン環境を考える上では見逃せないポイントでしょう。

そこで、自分でできることは、まずマッサージです。
目や目の周辺の皮膚は薄いので、強い刺激は逆効果ですから、気をつけて自分が気持いいと思う部分を優しくマッサージしましょう。
温かいカイロをタオルなどで巻いてから目に当てると、目が休まると同時に血行が良くなります。

次に、温かい飲み物を買ってタオルやハンカチで包めば、簡易リラックスグッズになります。
タオルが温まってきたら、それを目の周辺にあてて少し休憩しましょう。
そして、目が乾いたら目薬を使うのがいいでしょう。
エアコンやファンヒーターを使っている時に気をつけたいのが空気の乾燥です。
パソコン操作をしているとついまばたきを忘れ、そのためドライアイになりがちです。
ドライアイになると目がさらに疲れやすくなりますから、目薬をさすようにして部屋の乾燥に気をつけましょう。

また、目に役立つグッズにアイマスクやアイピローがあります。
目の疲れをとるのに適したアイマスクの中でも、温めるタイプのものがいいでしょう。
蒸気がでるものや、香りつきなど、色々ありますから、気に入ったものを使いましょう。

肩・首筋が冷えてツラい!冷え対策の方法は?

肩・首筋が冷えてツラい!冷え対策の方法は?
冬のオフィスは暖房が入っていますが、冷え性の人の手は冷たくてスムーズに指が動きませんし、足腰が冷え、肩凝りもひどく、場合によっては冷えのぼせまで感じてしまいます。
そのような不快な症状を少しでも緩和するために、パソコン周りの冷え性対策として、役に立つグッズや、自分でできる対策を考えてみましょう。

肩の冷え対策 肩の冷え対策

寒い時期の肩から背中にかけての冷えは、肩凝りや風邪の原因になりがちですから、しっかり温めてからパソコンに向かいましょう。
まず、自分でできることとして、ストレッチがあります。
腕や肩の筋肉を伸ばすストレッチをこまめに行いますが、両手を頭の上に伸ばして、ぶらぶら手首を動かすだけでも気持が良くなります。
次にエアー水泳です。
パソコン操作の合間に水泳のクロールをするように、大きく腕を回します。
こうすると、体の血行がよくなって肩が温かくなります。
腕を回す回数は自分が気持良いと感じる回数で構いませんから、時々エアー水泳をしましょう。
そして、お手製のあずきカイロなども肩に乗せると温かくなります。

市販の役に立つグッズでは、多機能ブランケットがあります。
ボタン付きで、ボタンの止め方で様々な使い方ができるブランケットは、肩が冷えた時などに便利です。
スヌードはネックウォーマーの一種ですが、首まわりにゆとりがあり、たっぷりとしたボリュームのある人気のネックウォーマーです。
セーターのように毛糸で編んだものが多く、肩までしっかり覆ってくれるタイプであれば温かさが確保できるでしょう。
さらに、肩用リラックスグッズや肩に貼るカイロは携帯するのにも便利です。

首筋の冷え対策 首筋の冷え対策

自分でできることはストレッチで、首を片方の肩に向かってゆっくりと傾けていきます。
傾けた側の手で、軽く頭を片側に押さえながら、首の筋を伸ばしましょう。
また、ネックウォーマーもカイロ入れつきネックウォーマーなどがあるようです。

冷えのぼせの改善法が知りたい!

冷えのぼせの改善法が知りたい!
冬場の会社での仕事で、デスクワーク、それも主にパソコンを使う仕事では緊張も重なり、冷えのぼせの現象が起きることがしばしばあるようです。
この現象は体が冷えるために起こりますが、体が冷えないための工夫について考えてみましょう。

まず、冷えのぼせ対策ですが、パソコンの操作中にぼうっと頭がのぼせて眠くなることがあるかもしれません。
そのような時は、冷えのぼせを疑ってみましょう。
冷えのぼせ現象は、足元が冷えて体内の血の巡りが悪くなっている時に起こり易いものです。
このような時、自分で出来る症状の緩和方法があります。

まず、普通に頭寒足熱の状態にします。
足元を温めて体内の血の巡りをよくして、上半身に溜まった熱が取れると冷えのぼせは解消出来ます。
足元を温めるレッグウォーマーやしめつけない靴下を履くなどをしたり、ふくらはぎをマッサージして血行をよくしましょう。
スクワットなど、下半身の軽いストレッチも効果的です。
どうしても頭の熱がとれずに辛い時は、保冷剤をタオルで包み、首筋などを冷やすと頭の熱が取れます。
ただし、冷やし過ぎると首の血行が悪くなりますので注意が必要です。
また、冷やす時は温かい飲み物を飲んだり、足元をカイロや湯たんぽで温めるなど、冷やすのと同時に温める工夫もしましょう。
ルームシューズやルームブーツもいいでしょう。

また、足元用のヒーターもありますから、もしヒーターを使える環境ならば使ってみましょう。
ずっと長い時間パソコンの前にいると、体を動かさないのでどうしても血流が悪くなりがちです。
しかも仕事に熱中していると、知らないうちに体がすっかり冷えを溜め込んでいることがあります。
時々、手を休めて体を触って冷えていないかどうかをチェックしましょう。
もし冷えている部分があれば、そこを温める必要があります。

オフィスでは思ったように温めるケアが出来ない場合は、帰宅してから浴槽での30分程度の半身浴をして、体を芯から温めること、軽いストレッチをすることなどで冷えた体を労わりましょう。