過激なダイエットと冷え性
ダイエットをするのは圧倒的に女性が多いようですが、このダイエットを成功させるのは、本当にむずかしいもののようです。
これまで種々様々なダイエットを試みてもなかなか成功しなかったとか、かなり努力したが下半身がどうしても細くならず、サイズダウンしないという例は随分あります。
また、ダイエットを始めて最初のうちはよかったのに、ダイエットの後でリバウンドしてしまったとか、体重は何とか減ったのに体が締まらなくなってしまったという女性は少なくありません。
このような例では、ダイエットの際に冷え症対策とセルライト対策を併せて同時に行なっていなかったため、ちゃんとしたダイエットに成功することができなかったといえそうです。
また、過激なダイエットを行ない、蛋白質を少量しか摂取しなくて、血液中にある蛋白質で、食事から摂取した蛋白質が肝臓で合成される血中アルブミンと呼ばれる成分が不足していると、体内の栄養が不足します。
そして、このような状態では体内に水分が溜まり易くなりますから、セルライトが出来る原因になってしまうのです。
リバウンド
いずれにしても、過激なダイエットはリバウンドを起こしやすく、結果的に体に負担を与えてしまいますし、セルライトができ易い体質になってしまうのです。
本来、ダイエットは美しいボディラインやプロポーションを作るために行うことが多いのですが、間違ったダイエットや過激なダイエットが体にいい訳はありません
世の中に、食事を中心としたダイエットの方法は実に色々とあるようですが、そのどれが自分の体や体質に合っているのか、またそれを続けた結果が無理なくボディラインの修正につながるのかを見極めることは難しいことだと思います。
しかし、無理はしないことです。
体内の血液量が少なくなると血流が体の隅々まで巡りにくくなるのですから、必然的に冷え性を引き起こすのは目に見えています。
食べ過ぎは勧められたものではありませんが、ダイエットをしていても最低限体が必要としている成分はきちんと摂るようにしたいものです。

セルライトとは
血行不良などが原因でできる脂肪と老廃物の固まりのこと。一度できてしまうとなかなかエネルギーとして燃焼されにくい特徴が。肌がオレンジの皮のように凸凹してくるのはかなり進行した状態。
出典:セルライト|エステのエルセーヌ

食事制限ダイエットは冷え性になってしまう危険性大

食事制限ダイエット
世の中にはダイエットに関する情報が溢れていますし、流行もあるようでその時々により違ったダイエットが流行しています。
いわゆる、バナナダイエット、りんごダイエットや、ゆで卵ダイエットなどです。
ダイエットを始めると確かに体重は減りますが、食事制限によるリバウンドがあり、肌が荒れたり便秘になったりで体調を崩すことがあります。
肌がカサカサになる程度であれば、それは外面的なことで、ダイエットを中断して肌のケアをすればよくなるでしょう。
また、便秘も飲み薬などでの改善がかなり出来ますし、そうでなくても特に便秘は女性にはありがちの症状です。
貧血
勿論上手にダイエットをすることは、体に良い影響を与えるでしょうが、先に述べたようにバナナだけだとか、りんごなど単品ばかりを食べるダイエットや、食べたいのを我慢して食べないダイエットをするということは、どう考えても不自然で、当然体が必要とする栄養のバランスが悪くなり、体そのものや日常生活に欠かせないエネルギーが生産されなくなります。
この必要な栄養素のバランスの悪化や欠乏は当然のことながら貧血症状を招きますから、血が不足して、赤血球やヘモグロビンが生産されなくなり、体内の血流が悪くなってきます。

血が不足すると、体内の隅々まで行き渡らなければならないはずの血の循環が阻害されますから、心臓から離れたところにある手先や足先はもとより、内蔵にも血流がスムーズに流れないので腹も冷たくなってきますし、やがては体全体が冷えてしまうことになります。
これでは、冷え性になりたくてダイエットをしているようなもので、ダイエットで確かにスリムになったかもしれませんが、その代償として冷え性という有難くないものが、体中の機能をおかしくしてしまうのです。
その現象は色々な形で現われますが、無理なダイエットでまず貧血の症状があり、立ち眩みなども起こるでしょうし、腰痛や肩凝り、下痢や便秘、胃腸障害、生理不順などの体調不良として現われます。

そして、何よりも恐いのが冷え性になってしまうことなのです。
実は腰痛や肩凝り、下痢や便秘などはダイエットが直接的な原因ではなく、ダイエットによる貧血や低血圧がもたらす冷え性によるものなのです。
ですから、冷え性が恐いのです。
無理なダイエット重視の生活を見直して、バランスの良い食事を摂り、適度な運動をして、ほどほどの体に無理のないダイエットを心がけたいものです。

実は冷え性もセルライトができる原因の1つなんです

セルライトと冷え性の関係
女性には冷え性が多いという現象はいうまでもありませんが、冷え性が原因で皮膚表面がでこぼこになるセルライト(老廃物)という脂肪がついてしまうという現象も大きな問題でしょう。
女性でお尻から太股にかけて異常に太っている人の皮膚にでこぼこがあるのを見たことがありませんか?
そのでこぼこがセルライトなのです。
このセルライトは、太っていないし、若いから大丈夫というだけでは安心していられないものなのです。
実は日本人の成人女性の8割にはセルライトがあると言われているそうです。
多くの女性が悩む肌荒れ、吹き出物、たるみ、しわなど美容の大敵はこのセルライトが作り出しているとも考えられています。

日本人には少ないようですが、欧米ではセルライトが進み過ぎて、外科手術が必要になる場合もあるそうです。
一旦出来てしまったセルライトは、なかなか分解されませんから、まずセルライトを体内に溜めないことが重要です。早めのケアでセルライトの解消、あるいは予防対策を取った方がいいでしょう。

肥満傾向の人のセルライト対策には、ダイエットと似たような対策がいいでしょう。
つまり、目的は異なりますがダイエット器具を使用するとか、ダイエット補助食品、玄米ダイエットのような低カロリーで食物繊維や栄養素がたっぷりの食品を摂るようにするのです。
冷え性はセルライトの原因の一つとして考えられていますから、セルライトが出来ている人が冷え性だということが考えられます。そして、セルライトとの相乗作用でさらに血行やリンパの流れが悪くなって、冷え症やむくみが酷くなるといった悪循環になることも考えられます。
産後太り
では何故セルライトのようなものが出来てしまうのかを考えてみましょう。
まず、セルライトが出来易い条件としては、第一に冷え性があげられます。
冷え性の他には、むくみ易い体質、ダイエットの繰り返しでの代謝機能の衰え、30歳代で脂肪を分解する能力が衰えてしまうための体重の増加、出産後に体重が増加したという女性にセルライトが多く見られます。

このように、多くの場合セルライトは女性に発生しますが、その理由としては、女性ホルモンの働きがあるようです。
エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは、皮下脂肪層や子宮内細胞に水分を溜める働きがあります。
そして、そのために皮下脂肪層や子宮内細胞の水分が多くなり、周囲の毛細血管やリンパが圧迫され易くなります。
この状態に、冷え性による血液の循環不全が加わると、浮腫(むくみ)になり、体がセルライトを作り易くなるのです。
したがって、出来てしまったセルライトを取り除くためには、まず血液の循環をよくする冷え性対策を充分に行わなくてはなりません。
そして、体のむくみを取り除くことが重要となり、最初にむくみを取り除き、それからセルライト対策を行なわなければなりません。
体のむくみの原因が冷え性による血行不順であるからには、血行を良くするためにサラサラ血液にする努力も必要ですし、その他血行に関する色々な冷え性対策もしなければなりません。

セルライトを取り除きたいならまずは冷え性改善をしよう

むくみと冷え性の関係
セルライトは体に一度ついてしまうと、なかなか取ることができません。
通常のダイエットや運動を続けていてもセルライトは無くならないでしょう。
それどころか、セルライトは益々増え続けて、最終的には痩せにくい体を作ってしまうという厄介者です。
そして、下半身のデブを気にしている人の最大の問題は、このセルライトなのです。
皮下脂肪にある脂肪細胞に不必要な水分や老廃物がついて、塊状になったものがセルライトの正体ですから、そこには当然、むくみが起きてしまいます。
むくみと冷え性は関係があります。
セルライトを取り除くのにはまず冷え性の改善に取り組むのが早道のようです。
冷え性を改善し、セルライトを取る対策をきちんと実行すると、数キロの減量は十分期待できるのです。
そして、概してセルライトは太った人に出来易いとされていますが、たとえ痩せていても、血行が悪いとセルライトを作り出して体内に溜めこんでしまうこともありますから、油断することは出来ません。
自分は痩せているからセルライトは出来ないと思っている人も、セルライト型冷え性とは無縁ではありませんから、注意したほうがいいでしょう。
食生活改善
ここで、何故冷え性になるのか、冷え性はどのような作用を体に及ぼすのかを今一度考えてみましょう。
まず、多くの場合、手先や足先が冷えるタイプでは体内の血液量が少なく、心臓のポンプ力も弱いために血流が全身の隅々まで行き渡らず、熱を先端まで運べないので、手足の先が冷たくなるという現象が起きてしまいます。
これは貧血によるものや血液の質にもよりますが、その原因は食生活にあるとも言えます。
体型を気にしない人ならば、体が温まる食品や食べ方で体を冷やさないようにすればいいのですが、体型を気にする人では少し冷え性対策の方法が変わってくるでしょう。
セルライトが原因、その原因はむくみ、さらにその原因が冷え性である、とすればむくみを引き起こさないような冷え性対策が必要になります。
むくみは、皮下脂肪にある脂肪細胞に不必要な水分や老廃物がついてしまい、それがセルライトになるのですから、老廃物を体内に溜め込まないための食生活に留意することが大切です。
そして、下半身がやや太めでも決してマイナスの体型ではないことも考えましょう。
痩せすぎて弱々しい体型では、冷え性が入り込み易いとも言えるのです。

温冷浴とマッサージでセルライトと冷え性を改善

温冷浴
ダイエットは実に様々で、食べ物からダイエット用の器具、音楽まで千差万別です。
そのどれもが基本的にはセルライト(老廃物)対策ですが、冷え症だけでなく、むくみや肌荒れの原因にもなるセルライトを作り、溜め込まないようにする予防が肝心です。
しかし、セルライトができてしまったら、なるべく早く解消しなければなりません。
いわゆるダイエットの感覚からは離れるかもしれませんが、自宅でできるいくつかの方法を見てみましょう。
その最初は温冷浴です。

  1. まず適温(40度程度)の湯に20分ほど半身浴で浸かり、体をよく温めましょう。
  2. 次に、ぬるめのお湯(夏季は水)をセルライトが気になる部分に約1分間当てます。
  3. それから、熱めのシャワー(40℃前後)を気になる部分に2分間ほど当てます。
  4. その後で、ぬるめのお湯(夏季は水)を気になる部分にもう1度約1分間当てます。
    終わりに半身浴で5分ほど体を温めて、濡れた体をきちんと拭いて水気が残らないようにします。

これも立派なダイエットなのです。

別の方法にマッサージがありますが、自分で出来るマッサージです。

  1. まず全身の血行を良くするために、皮膚の表面を指の第二関節を使ってマッサージします。
  2. 次に、気になる部分をつまみ出すように、指や手のひらを使い引き上げますが、この時は椅子に坐るとか、あるいは体を横にした状態で行うといいでしょう。
  3. それから、両手でつまみ出した部分を絞るようにしますが、両手で出来ない場合は片手でもかまいません。

太ももマッサージ
この1~3を片側につき5分間程度強めに行ないましょう。
お尻の部分や、お尻と太股の境目などのマッサージには、お尻の下にテニスボールほどの大きさのボールや棒のようなもの(例えばすりこぎ棒)を横に置いて、その上に座り、転がすように5分~10分程度行います。
これでもマッサージの効果がかなり期待できますから、セルライトを防いだり取り除くのに効果がある筈です。
しかし、三日坊主では何にもなりませんから、出来れば毎日の日課にしてこれらの入浴方法・マッサージを続けることが肝要です。
騙されたと思って実行してみて下さい。
冷え性改善効果に加えて、ダイエット効果も期待できるので、一石二鳥ですよ。