食事で冷え性を改善

冷え性の人におすすめ~梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)

梅醤番茶 材料

梅醤番茶梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)は、冷え症改善や風邪予防、夏バテに良いとされる昔から定番のお茶です。

梅醤番茶は梅干しと醤油としょうが入りの番茶で、体を温めて免疫力を高めます。

冷え性対策だけではなく、風邪やインフルエンザによく効くでしょう。

材料
  • 梅干し1個
  • 醤油(できれば有機醤油)小さじ1
  • しょうが汁2~3滴
  • 熱い濃い目の番茶(湯呑に8分目)

作り方

  1. 種を取った梅干しを、湯のみ茶碗に入れて箸でほぐします。
  2. そこへ醤油を入れてさらに箸で突きます。
  3. 生姜のおろし汁を2~3滴落とします。
  4. 熱い番茶を八分目ほど注いでかき混ぜます。

梅醤番茶は空腹時や食前に飲むのがおすすめです。

子どもに飲ませるときは、4~5倍に薄めたものか、甘味を加えましょう。

味加減は、薄くしたり、濃くしたりと本人が美味しいと感じるように調整して下さい。

体が温まり、美味しく感じている時は効いている時ですから、飲むのは中止しましょう。

それから、梅醤番茶は塩分が多いので、自分の体質、健康状態を考えて、濃さを調整しましょう。

梅醤番茶に関する質問に、このお茶は何に効くのかというものがありますが、梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)は、冷え性、風邪予防、夏バテ、二日酔いなどに効くとされている他に、最近では花粉症の鼻炎対策に飲む人もいるようです。

梅醤番茶の効果効能
  • 梅のクエン酸は血流を改善します。
  • 梅のクエン酸は便秘の改善に効きます。
  • 梅干しを食べると出る唾液で、若返ります。
  • 醤油のメラノイジンには、血糖値の抑制効果があります。
  • 醤油の香りは過食防止になります。
  • 生姜は体を温めます。

醤油のニコチアナミンというアミノ酸には、血圧を上げる酵素を阻害することで、血圧を下げる作用があると言われていますから、低血圧気味の人は醤油の多用は控えましょう。

低血圧気味の人でも飲めるお茶で、冷え性改善におすすめなものがあります。

それはママナチュレのたんぽぽ茶です。

このたんぽぽ茶は冷え性改善のほかにも、ホルモンバランスを整えたり、血流改善を促す効果があります。

ノンカフェインなので、就寝前や妊活中、妊娠中、授乳中の人の気軽に飲むことができるので、こちらもおすすめです。

あわせて読みたい
ママナチュレたんぽぽ茶公式サイト
ママナチュレたんぽぽ茶の詳細情報と口コミのまとめ 日本では徐々に晩婚化が進んできていて同時に不妊に悩むカップルも増加していると言われています。 不妊以外にも出産後に母乳が出にくいと...