体がいつも冷えている
体がいつも冷えている、体がいつも冷たいという人は低体温体質とそれによる冷え性が疑われます。
低体温の人とは、一般的に平熱といわれる36.5℃前後の体温に対して、36℃以下35.5℃近くの体温状態の人を指します。
人は急に寒い場所に出たりすると急激に体温が下がり、体は無意識に震えたり筋肉を堅くすることで熱を作り出す働きを強めて、体温を前の状態に戻そうとします。
ところが、この働きが上手くできない場合や熱を作るのが間に合わないと低体温状態になります。

体がいつも冷えている人は、慢性的に熱を作り出すことが出来ない人です。
最近問題になっているのは一時的な体温の低下ではなく、平熱が低下していることです。
このところ、しばしば食事習慣生活習慣の乱れが話題になっていますが、食生活のバランスが悪いことや不規則な生活習慣が原因で、女性だけではなく男性子どもまでにも低体温化が進んでいると言われるようになりました。
冷え性は体の表面部分が冷たくなるために自覚し易いのですが、低体温は体の内部の冷えですから自覚しにくく、症状である肩凝りや疲れも深刻には受け止められません。
低体温の人はかろうじて体温が35℃台の半ばで止まっていますが、もし体温がそれを下回るようなことになると低体温症という危険な病状になりますから、よくよく注意しなければなりません。

低体温の原因として考えられているのはまず低血圧で、低血圧は低体温、冷え症に結びつきます。
とにかく疲れやすく体調がすぐれないのはその多くの場合、低血圧が原因になっています。
女性は、女性ホルモンに血管を拡張する作用があることと、心臓のポンプが弱いことなどで低血圧を招き易くなります。
そして、低血圧では血液を体中に送り届ける力が弱くなりますから、血液が手足の先まで届きにくいことになります。
また、自律神経の障害バランスの悪さなどで寒さに対する感覚が鈍くなり、寒いのにその感覚が鈍いため体温を保つ工夫をしないので、体が冷えてしまうこともあります。
何人かが同じ寒い環境にいて、「寒い」と感じるのに「そうでもない」という人がいたとすると、もしかしたらその人の自律神経が異常をきたしているのかもしれません。

その他の部位も読む その他の部位も読む