手足がいつも冷たいというのが冷え性の典型的な現われ方ですが、冷え性はこの他にも様々な形で体や気持ちに現われてきます。冷え性は病気ではないとされていますから、この現われ方を症状という言葉で表現することは少々躊躇われますが、敢えて症状と呼ぶことにします。
冷え性の症状は様々ですが、以下にそのいくつかを見ることにします。

  • 手や足、特に先のほうがいつも冷たい。
  • よく握手をしたときに、相手の人の手のひらが冷たいということを経験したことがあると思います。これは単なる体質だけとは言い切れない場合があると考えましょう。逆に相手の手のひらがとても温かく感じたら、自分が冷え性なのかもしれません。
    肩こり

  • 頭痛や肩こりがひどく、マッサージでも肩こりがよくならない。
  • 原因に思い当たる節はないが、最近頭が痛いし、肩こりがひどくなった。マッサージをしてもそれほど肩のこりがよくならない。

  • 風邪をひきやすい。
  • 普通に生活しているつもりだが、最近すぐ風邪を引いたり風邪気味になるというような場合は、自律神経が不調のため適切な体温調節ができないからです。

  • 女性の場合、生理不順が起きてきた。
  • 冷え性ではお腹も冷えますから、下痢をする頻度が増えてきます。
    肌荒れ

  • アレルギーや肌荒れがひどくなってきた。
  • 冷え性では全身に満遍なく血流が行き渡りにくいため、脳も酸欠気味になります。そうなるとエネルギーも不足しますからやる気も出てきませんし、物事に集中しにくくなります。

  • 寝つきが悪くなり、なかなか夜眠れない。
  • 体内の血流が不順になるとセルライトを排泄しにくくなりますから、当然吹き出物などが出る場合があります。

  • 体が冷えてしばしば腹痛があり、下痢が多くなる。
  • 胃での食べ物の消化に必要な血流が不足すると胃の活動が鈍くなりますし、その他の内臓にも影響が出て来る恐れがあります。
    胃もたれ

  • 以前は何でもなかったが、胃がもたれやすくなる。
  • 生理不順も血流と関係しますから、冷え性で血流が悪くなると生理不順が起きます。

  • 物事に取り組む気力が出てこないし、集中力が低下する。
  • 冷え性で体にエネルギーを運ぶ血流が弱くなるからです。

  • 最近、体力がなく疲れやすく、いつもだるい感じがする。
  • 寝ようとしても手足が冷たく、特につま先や指先が冷えているとなかなか寝付かれません。