手足がいつも冷たいというのが冷え性の典型的な現われ方ですが、冷え性はこの他にも様々な形で体や気持ちに現われてきます。冷え性は病気ではないとされていますから、この現われ方を症状という言葉で表現することは少々躊躇われますが、敢えて症状と呼ぶことにします。
冷え性の症状は様々ですが、以下にそのいくつかを見ることにします。

  • 手や足、特に先のほうがいつも冷たい。
  • よく握手をしたときに、相手の人の手のひらが冷たいということを経験したことがあると思います。これは単なる体質だけとは言い切れない場合があると考えましょう。逆に相手の手のひらがとても温かく感じたら、自分が冷え性なのかもしれません。
    肩こり

  • 頭痛や肩こりがひどく、マッサージでも肩こりがよくならない。
  • 原因に思い当たる節はないが、最近頭が痛いし、肩こりがひどくなった。マッサージをしてもそれほど肩のこりがよくならない。

  • 風邪をひきやすい。
  • 普通に生活しているつもりだが、最近すぐ風邪を引いたり風邪気味になるというような場合は、自律神経が不調のため適切な体温調節ができないからです。

  • 女性の場合、生理不順が起きてきた。
  • 冷え性ではお腹も冷えますから、下痢をする頻度が増えてきます。
    肌荒れ

  • アレルギーや肌荒れがひどくなってきた。
  • 冷え性では全身に満遍なく血流が行き渡りにくいため、脳も酸欠気味になります。そうなるとエネルギーも不足しますからやる気も出てきませんし、物事に集中しにくくなります。

  • 寝つきが悪くなり、なかなか夜眠れない。
  • 体内の血流が不順になるとセルライトを排泄しにくくなりますから、当然吹き出物などが出る場合があります。

  • 体が冷えてしばしば腹痛があり、下痢が多くなる。
  • 胃での食べ物の消化に必要な血流が不足すると胃の活動が鈍くなりますし、その他の内臓にも影響が出て来る恐れがあります。
    胃もたれ

  • 以前は何でもなかったが、胃がもたれやすくなる。
  • 生理不順も血流と関係しますから、冷え性で血流が悪くなると生理不順が起きます。

  • 物事に取り組む気力が出てこないし、集中力が低下する。
  • 冷え性で体にエネルギーを運ぶ血流が弱くなるからです。

  • 最近、体力がなく疲れやすく、いつもだるい感じがする。
  • 寝ようとしても手足が冷たく、特につま先や指先が冷えているとなかなか寝付かれません。

冷え性の人が冷えていると感じる部位と原因

冷え性という言葉から連想するのは、体が冷える性質、体質ですが、冷え性が現われるのは体のどの部分なのでしょうか。

手足が冷える
まず、冷え性の人は例外なく手と足が冷たくなるようです。
しかし、手足と言っても、さらにその冷たい部分には手先や足先、さらには手足の指先と、色々あります。
さらに、手首や足首が冷えて冷たくなることもあります。
手はともかく、足は心臓から離れた部位ですから、血行が十分でないと、熱というエネルギーを運ぶ機能が不十分ですから、血液がスムーズに行きわたりにくくなり、その結果その部位は冷えて冷たくなります。
足首が冷える場合は靴下などで外側から血管を締め付けるために血管が収縮して血が血管を通りにくくなるので、冷えやしびれの症状になります。
一方で、手や足の指先の冷えは毛細血管に血が行きにくい場合や、折角そこまで血液はたどりついても静脈を通って心臓へ戻る作用が弱くそこに滞留してしまうことで起こるようです。
よく手先や足先を手でこすって温めようとしますが、これはその滞留している血液を外部から刺激して動かそうとするもので、いわば強制的に血管に血液を運ぶ作用をさせるのです。

防寒グッズを使用する
冷え性あるいはそうでない人でも、寒風に晒されると冷えて冷たくなる部位は、露出している部位です。
その典型的なのはですが、耳たぶにも毛細血管が無数に通っていますから、血行が悪くなりがちです。
次に露出している部位は首筋ですから、大概の人は寒くなるとマフラーで首全体を寒さから守る態勢をとります。
露出している部位を冷気から遮断するのは冷え性対策の基本ですから、厚手の靴下、手袋、耳パッド、マフラー、スカーフは防寒グッズの基本です。

さらに冷え易い部位には太ももがあります。
元来太ももを通っている血管は太く、血行は悪くない筈なのですが、太ももの面積が大きいためにそこへ送られてくる血液の量が不十分な場合はやはりかなりの冷えを感じます。
太ももと同じようにも冷え易い部位です。
腰が冷たくなると、お腹も冷え易くなり、さらには内部の腎臓その他の内臓に冷えが伝わりますから、腰や腹部を冷やさないようにするために昔から腹巻が考案されています。
こうしてみると、相対的には目と鼻と口元以外は容易に冷え易い部位であると言えるでしょう。